HOME > 資金相談

資金相談

一番大事なお金の話

こんにちは! 新生ホームの江花聖仁です。
今回、家づくりを検討している方に、どうしても知っておいていただきたいことがあります。
その知っておいて欲しいこととは・・・

人生で一番高い買い物は「家」ではありません。
「住宅ローン」だということです。

家づくりを検討する方のほとんどは、住宅ローンを利用します。

しかしみなさん、住宅ローンは「借りられるかどうか」「いくら借りるか」が問題だと思っていませんか?たとえ同じ額を借りたとしても、「借りかた」によっては実際に払うお金に何百万もの差が出るということを理解していますか?

代表写真

たとえば、3,000万円の住宅を金利3%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、48,491,100円になります。仮に、同じ額を借りても金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は55,789,440円になります。

その返済総額の差は、何と7,298,340円にもなるのです。

人生で一番高い買い物は「家」ではなく、「住宅ローン」であることがご理解いただけると思います。

そんな住宅ローンで最も大事な「金利」は常に変動しており、「借りる時期」によって返済金額が変わります。そして、「金融機関によって金利は異なる」ことも重要な注目ポイントです。

【結論】
家づくりで大切なのは、「きちんとした資金計画を立て、”あなたに合った最良な住宅ローン”を組むこと」なのです。

 

新生ホームが「お金の話」を最初にする理由

ホームページからのお問い合わせや見学会などでお客様とお話をする機会があった場合、新生ホームでは、必ずお金の話をさせていただきます。
プライバシーにも関わることですので、もちろんお客様が話したくない事はお話しいただかなくても結構です。ただ、お客様にとって「いつ建てるのが一番良いタイミングか」「どのくらい借りると、どういう家が建てられるか」など、お客様によってそれぞれ異なる事情をふまえたアドバイスを、たとえ初対面の日であってもざっくばらんにお話しすることが、新生ホームの基本スタイルのひとつです。
こうすることには、様々な目的があります。

■早い段階で状況を聞き取りすることで、住宅ローンの選択の幅をもたせることができる
 =”最良な住宅ローン”を選択し、無駄な出費をなくします

■住宅資金を最初に明確にすることで、その中で「最大限に良い家」を提案できる
 =希望を聞くたびに追加料金がふくれあがる・・・ということが一切ありません

■話しにくいお金の話を最初に解決したら、あとは楽しい家づくり♪
 =徹底的な資金計画のあとは、思う存分家づくりをお楽しみください

マイホームづくりは、夢があって楽しいものです。
「こんな家にしたい」「あんな設備も欲しい」希望は沢山あって当たり前。でも、あれやこれやと希望を聞くだけ聞いておいて、ちょっと無謀な住宅ローンを組んだり、「オプション料金が発生しますので現金で払ってください」などと後から言うようなやり方は絶対にしたくありません。

「最初にお金の話をします」と言うとちょっと警戒されるかもしれませんが、「家づくりに用意する額は〇〇円」と明確にすることは、新生ホームとして「この範囲内で出来るいちばん良い家」を提案できますし、お客様にとっても「どのくらいお金がかかるか」という不安が最初に解消され、双方にとって良い結論が導き出せるはずです。

 

どうしてここまでお金の話をするのか

  1. まさか自分が住宅ローンを借りられないということはないだろう。
  2. まさか自分がローンの支払いに困ることはないだろう。
  3. ローンが払えなくて家を手放す人なんて、よほど特殊な事情を抱えた人だろう。

 

その想像はすべて間違いです。

ローン審査に通らず2件3件と銀行をまわる人のどれほど多いことか。
そして、築年数の浅い中古住宅が今どれほど多く売りに出されていることか。
甘い見通しで資金計画をすると、あっという間にほころびが出てきます。
弊社では、そういう失敗を絶対にしないために、住宅の資金計画を重点的に行う専門家がおります。
徹底的にプランを突き詰めて、お客様の十分な理解と納得が得られた資金計画を完成させて初めて家づくりの具体的な話が始まります。
おかげさまで弊社は、一般の銀行の住宅ローン審査基準よりさらに厳しい「フラット35」でのローン実績が豊富にあり、2015年度のお客様も8割はフラット35を利用しています。
そして2016年現在、弊社のお客様で住宅ローンが破たんしてしまった方は一人もいらっしゃいません。
こうした経験と実績があり、「勤続年数や収入が少ない」「自己資金が無い」「車のローンが残っている」といったことからマイホームを諦めてしまうようなケースでも、フラット35を利用した住宅ローンを利用できるような資金計画が可能です。

 

なぜ?私たちはローンが組めないの?

「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」

「私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか?」

最近このようなご相談が、当社の「資金計画セミナー」で増えてきました。残念ながら、様々な原因で住宅ローンが組めず、家づくりをあきらめてしまっている方が非常に多いです。
実は住宅ローンが組めない方には以下の原因が考えられます。その原因に対する解決策が新生ホームにはあります!

私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか

 

住宅ローンが組めない10の理由

1. 年収が300万円以下

年収が300万円以下

住宅ローンを組む上で一番最初に重要視されるのが「年収」です。しかし、年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?
そんな事は決してありません。
新生ホームでは年収が300万円以下の方でも住宅ローンが○○○○万円まで組めます。

 

2. 自己資金が少ない、またはゼロ

自己資金が少ない

住宅ローンを組む際に「自己資金が少ないとダメだ。」「ゼロだったら絶対に住宅ローンなんて組めない!」と思われている方が非常に多いです。
新生ホームでは自己資金は必要ありません。

 

3. 車のローンの残債がある

車のローンの残債がある

車を購入する際の支払いは、ローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年~5年が多いようです。
住宅ローンを組む際に車のローンの残債があると組めない可能性が高くなりますが、新生ホームでは車のローンの残債があっても住宅ローンが組めます!

 

4. サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある

サラ金、キャッシング、リボ払いの残債ある

サラ金やキャッシングの利用者人口は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。利用者の年齢も30代40代が多く、家づくりをされる多くの方が該当します。
新生ホームではサラ金、キャッシング、リボ払いの残債があっても住宅ローンが組めます。

 

5. クレジットの支払いが遅れた事がある

クレジットの支払いが遅れた事がある

買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われていますが、銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンは難しくなります。
新生ホームではクレジットカードの支払いが遅れた事があっても住宅ローンが組めます。

 

6. 債務整理をした事がある

債務整理をした事がある

過払い金返還請求の事で、最近テレビやラジオのCMで弁護士事務所などが行っているサービスです。この債務整理をした事がある場合、住宅ローンを組む上で支障をきたす場合があります。
新生ホームでは債務整理をした事があっても方法があります。

 

7. 家族の借金を肩代わりしている

家族の借金を肩代わりしている

家族の借金を肩代わりしている場合、住宅ローンを組むのはなかなか難しいです。
新生ホームでは家族の借金を肩代わりしている方でも住宅ローンが組めます。

 

8. すでに住宅ローンを組んでいる

すでに住宅ローンを組んでいる

中古の一戸建を住宅ローンを組んで購入した後で、「やっぱ新築にすれば良かった…。」と言うケースは少なくありません。通常の場合、「現在の住宅ローンを完済してから」ですが、
新生ホームではすでに住宅ローンを組んでいる方でも住宅ローンを組む方法があります。

 

9. 契約社員の場合

契約社員の場合

現在は雇用形態に「契約社員」というものがあり、この数も年々増加しています。しかし、このような方は住宅ローンが組めないのでしょうか?そんな事はありません。新生ホームでは契約社員の方でも住宅ローンを組む道があります。

 

10. 自営業を営んでいる

自営業を営んでいる

自営業の方の場合、開業年数や売り上げなどに関係なく、住宅ローンを組むのが大変難しいのが通例です。新生ホームでは自営業を営んでいる方でも住宅ローンを組む方法があります。

 

この中に当てはまる人は家づくりを諦めなければならないのでしょうか?
そんな事はありません、新生ホームでは方法があります!
もし、「私は住宅ローンが組めるのかな…?」と思われる方はぜひ当社にお問い合わせ下さい!

 

お問い合わせ・ご相談

電話でのお問い合わせ

Copyright©2018 SHINSEI HOME. All Rights Reserved.